東京都知事選が面白い!?

猪瀬前都知事の突然の辞職があり、20年の東京オリンピックを控える中、今俄然注目されている東京都知事選ですが、これまた気になる面白い人が立候補されているではないですか!!

その人は今回の立候補者の中でもダントツの若さ、ネット関連会社役員の家入一真氏(35)。

この人は世間的には知名度あるのかな? 最近でいえばあの「シェアハウス」の経営や、20代で起業し、29歳のときにジャスダック市場に上場した会社「株式会社paperboy&co.」の創業者ですね! ちなみのこの会社はレンタルサーバーの”ロリポップ”等を手がけた会社ですね!元イジメラレっこで引きこもり出身という、まあ一見というか本当に変わった経歴で勝ちあがってきた人なんですね。

最近読んだこれも中々面白かったですよ!

「新装版 こんな僕でも社長になれた」著者:家入一真

41q1zG2YeRL._AA300_

http://www.amazon.co.jp/新装版-こんな僕でも社長になれた-家入一真/dp/4781608558

でも、今回の選挙の前評判は厳しいみたいなのですが、”ホリエモン”こと、堀江貴文氏も支援していたりと、これまでの常識を覆すようなサプライズ感はありそうですね♫

 

「猪瀬知事の突然の辞職から始まった今回の都知事選。まあ、東京地検特捜部

の今更のリハビリ案件だと思うんだけど、徳洲会とかを扱い始めて、とばっち

りを受けたのは都民なわけで。自分たちが社会の足を引っ張っていることに、

そろそろ気づいて欲しいな、特捜部は。そんなわけで顔ぶれがちょっとイマイ

チ。というか、やっぱり老人すぎるというか、平均年齢が高すぎるというか……。

そろそろ30代、せめて40代くらいの有力候補が出てきて欲しいところ。

家入君の場合はちょっと頼りないところあるけど、考え方はしっかりしてる

し有能だと思う。頼りないが故に周りに有能な人が集まってくるというのもあ

る。結構面白いことになるんじゃないかと思っている。」

堀江貴文談

 

または、ネット選挙活動として都知事になったら実現してほしいことをジャンルごとに対応したハッシュタグをつけてTwitter・Facebookへ投稿してもらい、政策をみんなで作っていこう、という活動が話題をよんでいるみたいです。

コメントを残す