成果曲線

成果を出す人は、共通して忍耐強い。

奇跡のリンゴを作り上げた木村秋則さんは8年間も

無収入で畑は枯れた木々を観ながら頑張り続けました。

スマートホンの世界でも、新しいアプリに金山だと多くの業者が流入

したそうです。しかし、その多くは少し不調になったり、なかなか利益が出ないと

どんどん辞めていく。

最後に残ったガンホーの孫泰蔵氏は、赤字と小さなオフィスで耐え忍び

今、大きな収益を上げています。

多くの人は、努力と成果は直線的にスロープ状に成果が出ると考えます。

無意識的には少なくとも想定しているのです。

しかし、英語の学習も運動の成果も踊り場やほとんど進んでいないように

見える時期が来ます。

その時に成長感が得られなかったり、成果が得られずやる気をなくしていく、利益が上らず

不安に苛まれてやめてしまう。

この成果の踊り場を、孫泰蔵さんは、「がっかりタイム」と呼んでいるそうです。

成果曲線

そして、このがっかりタイムを我慢してやり続けて乗り切る人こそ、

ぶっちぎりタイムを迎えることができるのです。

確かにアメーバブログが今ぶっちぎっているのも、藤田さんがボロボロになりながら

がっかりタイムを奇抜な発想で乗り切ったから。

アマゾンもずっと赤字で、多くのメディアから潰れると叩かれましたが、

今や世界中で流通の大手になっています。

成果はあるとき、急に登りだすタイミングがくる。

そこまで如何に頑張れるか?

これがTOP5%の人の忍耐力。

そして、彼らはこの曲線を無意識的に、体験的に知っているのでしょう。

コメントを残す