物事をシンプルに見て考える

slide_338386_3450309_free

某購読Blogより抜粋させていただきました

「世間ではブラック企業だとか、ブラックバイトだとか……騒いでいますが、どこまで遊びたいのだろうかと心配になります。厳しい環境で働く、きつい環境で働く、いいじゃありませんか。給料は労働の対価だ、なんていう考えだから、楽して儲けたいという輩が出てくる。

 でも、楽して儲けられる才能があるならそれでいいが、才能のない私は苦労して儲けるしかない。でも、大体が苦労しても儲からないのが現実。守る家族がいる。守る社員さんがいる。守る仲間がいる。だから働く。シンプルなんです。給料は労働の対価ではなく、自分が給料分の働きができているか、その確認のためにあるだけ。

 才能のある人たちが羨ましい。でも悔しくはない。そんなもんです。」

そうですよね、そうなんです。物事は常にシンプルに考える。これ凄い大事ですよね。こんだけの情報社会で、一日に目にする情報の多さって本当に膨大ですよね。「何が無駄で何が大切か」見極める力をつける為には思考をシンプルにする必要ありますね。ソチ五輪の女子フィギュアスケートの浅田真央選手も初日のSPで出遅れたものの、2日目のフリーでの自己最高の得点は感動しました。もう失うものがないと全力で、力の抜けた”シンプル”な思考、モードで挑んだ結果なんでしょうね♫ 素敵です。

コメントを残す