睡眠によるパフォーマンスの向上を測る。

眠りの重要性には凄い敏感に知識はいれているものの、中々思う通りに実行に移せてないのが現状…そこでこんな寝袋を常に持ち歩き、どこでも”仮眠状態”を作れるように、しようかなっと。ってことで調べてたらこんな寝袋よさげですね〜。

「イスカ エア450X」

148812

公式HPのスペック参照:

最低使用温度-6℃   平均重量840g

夏山から冬の低山まで幅広く対応できるモデルです。
春秋の3000mクラスには特におすすめします。
軽量化を優先する冬期のエキスパ-トにも愛用者が多いようです。

※一部他投稿記事抜粋

健康的に体型をキープするために、エクササイズは欠かせません。でも、日頃忙しいとなかなか時間を割くのが難しいもの。そこで、毎日の習慣にちょっとした機転をきかせることで、スリムになれる方法を見つけました。

「眠り」こそが食欲増進ホルモンを抑える

「寝不足になると太りやすくなる」という話がありますが、その原因は意外と知られていないかもしれません。疲れやストレスから余計なものまで食べてしまう、抑えられない衝動に駆られるものですが、これには一体どういう理由があるのでしょう。

睡眠不足になると、食欲を増進させるホルモン「グレリン」の血中濃度が上がり、食欲や代謝の調節を行なうホルモン「レプチン」が減少してしまいます。ある統計では、「5時間睡眠の人は太り気味にある」という傾向が指摘されています。

人の身体はホルモンの影響に左右されるので、正常な食欲をキープするためにも、睡眠は欠かせないものだといえます。基本的なことではあるものの、仕組みが分かれば即実践したくなります。

ご紹介した2つなら、どんなに忙しくてもすぐに試すことができそう。運動する時間がないならば、食べ過ぎを抑えるこういった工夫から始めたいものです。

ミスターチルドレンの桜井さんなんかも常に寝袋を持参して、仮眠を取る事を常に心がけているみたいです。15分〜30分ぐらいの仮眠が一番効率のよい仮眠みたいです。

コメントを残す