インフレとデフレ

去年から始まりちょうど一年ぐらいが経ちましたでしょうか? 安倍総理大臣による経済政策「アベノミクス」なんですがデフレが長年続く日本経済をインフレ率2%に引き戻す等の3つの基本方針を掲げていましたが、先日の日銀総裁による金融緩和の打ち止め発表があり株価がまた大幅に下落したのは記憶に新しいですよね。

ところで、このインフレとデフレという言葉なんですが、主に経済全体の需要と供給のバランスの事をさすのですが、これを元にわかりやすく習慣にも当てはめてみたのが「インフレ習慣」と「デフレ習慣」です。

これは人生のスパイラルとしても表現できるそうで、

インフレ習慣とは、ポジティブサイクルの人生をもたらす習慣のループ、

デフレ習慣とは、ネガティブサイクルの人生に陥れる習慣のループです。

※ここからは他投稿記事より抜粋

Aさんは、いつも疲れています。仕事は残業ばかりで

上司と会社の愚痴不平不満が溜まりに溜まっています。

友人に「そこまで嫌なら転職すれば?」と言われても、

「家族がいるとそうはいかないんだ」「あの上司さえいなくなればいいんだ」

と返すばかりです。さらに仕事は決して自分がやりたくない仕事で

且つ将来にも希望が持てず、ため息の多い生活です。

最近の健康診断では要注意項目が3つもありました。

Bさんは、エネルギーに満ち溢れています。

仕事は忙しいもののお客様の希望に

答えられているため、納品後にはいつも感謝の声を貰い、

自己肯定感も上がります。

週末はジムに行き、筋トレとジョギングで汗を流します。

時に雑用はあるものの、やりたい仕事を上司に希望して

期待に応えることができています。

周囲からの評価も高く、後輩からも憧れの存在です。

さて、AさんとBさんのスパイラルの違いはどこにあるのでしょうか?

それが習慣のループです。

行動・身体・思考の習慣が一体となって、

Aさんは、デフレ人生、Bさんはインフレ人生になっています。

具体的にデフレ人生とインフレ人生をもたらす習慣を

見ていきましょう。

※あくまで全てできる必要はありません。

 

〇行動習慣

インフレ習慣:すぐやる、手放す、リスクを取る、与える

デフレ習慣:先延ばし、断れない、無難な道を選ぶ、奪う

 

〇身体習慣

インフレ習慣:運動する(ジム)

デフレ習慣:治療する(病院)

 

〇思考習慣

インフレ習慣:WANT中心、できることに集中、WINWN、自律

デフレ習慣:MUST中心、できないことに集中、WIN-LOSE、依存

 

〇世界観

インフレ習慣:希望・成長

デフレ習慣:恐怖・不安

と分けてみました。

全ては循環して繋がっているので、一連のスパイラルを理解する必要があります。

 

 

自分もデフレ習慣にまみれていた時は、すべきことに追われて未来にむけての行動を中々おこせていませんでした。しかし、一つ一つ良い習慣を増やした結果、ここでいうインフレ習慣のスパイラルに移行しているように思います。

つまるところ、行動習慣から徐々にインフレ習慣を身につけていけば人生のスパイラルが変わっていくということです。この本も何回も熟読していますがやはり習慣は大切です。

         「7つの習慣-成功には原則があった! 」 著者:スティーブン・R・コヴィー

51JHD9GEK0L._SS500_

http://goo.gl/0chJ4C

コメントを残す