ランナーズハイ

ここ最近は気候もすばらしく、緑力とした木々の中をランニングするのは本当に気持ちいいです♫ そんなけ気持ちよくなると時間と距離を無視して走りまくってしまうことがあります。これがまさに「ランナーズ・ハイ」といわれる状態ですね。

で、興味深い記事を見つけたのでご紹介!

 

ランナーズ・ハイという言葉があります。マラソンやジョギングをする方なら経験済みかもしれません。走り始めると、次第に身体がきつくなり苦しくなってきますが、我慢してさらに走り続けるとある時点から、苦しさを通り越し、快感を覚えるようになることがあります。この状態のことをランナーズ・ハイと言います。

さまざまな実験から「ランナーズ・ハイ」の状態の時、脳内にはリラックス効果のある脳波「α波」とモルヒネと同じような働きがありストレスを取り除く「βエンドルフィン」という快感ホルモンが溢れていることがわかっています。

運動をして身体に負荷のかかった状態の時に、脳内にα波とβエンドルフィンが増加するのです。

ある実験では、日頃あまり運動をしない男性8人に有酸素運動の自転車こぎを30分間やってもらいました。その結果、運動中や運動後にα波は13.5%、βエンドルフィンはなんと75%も増加したのです。

α波とβエンドルフィンは気分を良くするだけでなく、大脳の働きを高め、若返りの効果があるとされています。

つまり心身の若々しさを保ちたいのなら、適宜α波とβエンドルフィンを脳内に分泌させるのが良いのです。

しかし「ランナーズ・ハイ」の状態になるまで走るのは、走り慣れていない人には難しいことです。自転車こぎ30分もなかなか体力的には厳しいことでしょう。

でも、ご安心ください。実はもっと緩やかな運動でも同じような良い変化や効果が脳に起こることがわかってきたのです。

たとえば速足歩きでしたら1分間に100メートルで、30分以上継続して歩けばいいとされます(ただし、普段からよく運動している人の場合はもう少し速く歩く必要があります)。これだったら、わりと手軽にできるのではないでしょうか?

毎日、30分の速足歩きをやりましょう。少し長めの速歩き散歩をすればよいのです。

できれば空気がきれいで緑豊かな散歩道などを歩くのがお勧めです。景色がきれいな所を歩くと気分が爽やかになりますね。歩くのも楽しくなります。

さらに、視覚や嗅覚など五感に快い刺激を与えることによって脳内の快感物質、若返り物質はさらに分泌されるのです。

速歩は誰にでも簡単にできる運動ですが、中高年の身体にとっては、とても重要な影響があります。実はこんなデータがあります。

1週間に500キロカロリー以下の運動しかしていない人の死亡者数は1万人あたり200人なのに対して、2000キロカロリー(1日300キロカロリーを消費=速足で30分程度)以上運動する人の死亡者数は1万人あたり100人と約半分だったのです。

1日30分の速歩きによって脳の中に若返りの物質を増やせるか増やせないかが、死亡率に大きな差を生んでいることが明らかになっているのです。

中高年になったら快感物質、若返り物質を分泌する速足歩きをぜひ習慣づけましょう。なお、快感物質や若返りの脳波が増える歩き方のポイントは次の通りです。これを参考に、若返りに大いに励んでください。

 

ランニングから入ると多少ハードルがあがるみたいなので続けられない人でも、ウォーキングなら気軽に始めることが出来るのでお薦めですね。今は一番外に出やすい時期なのでぜひ習慣化するまで続けてほしいですね。

コメントを残す