産後の抜け毛がひどい…そんな時の原因と対策は?

KZ0ON46VHQ

産後の抜け毛は産後脱毛症や分娩後脱毛症と呼ばれています。経産婦の7割が経験しているというデータもあり、産後に多い悩みでもあります。今回は、産後の抜け毛の原因、いつからいつまで続くのか、対策などを経験者の視点からご紹介します。

 

産後の抜け毛、原因は?

産後の抜け毛は、妊娠~出産にかけて大きく乱れる女性ホルモンの変化が主な原因だとされています。

妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が増えます。通常髪の毛は一定のサイクルで生え変わっていますが、女性ホルモンが増えると髪の毛が抜けにくくなるため、妊娠中は髪の毛や体毛が増えて毛深くなったという妊婦さんも多くいます。産後すぐは女性ホルモンが急激に減少し、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けてしまうのです。

女性ホルモン以外にも以下のようなストレスや生活習慣も産後の抜け毛に影響しています。

  • 慣れない子育てのストレス
  • 髪が抜けることによるストレス
  • 授乳やお世話で睡眠時間が少ない
  • 栄養や食事がしっかり摂れていない

 

産後の抜け毛の時期は?いつからいつまで?

  1. 一般的なヘアサイクルは
    成長期(髪の毛が生える時期)2~6年
  2. 退行期(髪の毛が抜ける時期)2~3週間
  3. 休止期(髪の毛が生えるまでの休みの時期)2~3ヶ月

の繰り返しですが、産後すぐに多くの髪の毛が一気に抜けてしまい、休止期に入ることによって一時的に髪が薄くなってしまうという状態が続きます。休止期の2~3ヶ月を過ぎればだんだんと髪が生え始め、元のヘアサイクルに戻ると髪の量も改善されてきます。女性ホルモンの分泌量や生活習慣などで個人差はありますが、産後6ヶ月頃、遅くとも産後1年で戻るといわれています。1年以上戻らない方は、注意が必要です。

産後の抜け毛、食事対策

1.カルシウム

牛乳や小魚、チーズに含まれるカルシウムは髪に艶とコシを与えてくれます。カルシウムは産後特に不足しがちになりますので、骨や歯のためにも積極的に摂りましょう。

2.たんぱく質

大豆、肉、卵などに多く含まれているたんぱく質は髪の原料になります。大豆に含まれているイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをし、髪の毛の成長を促します。必要摂取量は40~50mg、納豆1パック分ほどなので朝食に取り入れたり、お味噌汁にお豆腐を入れたりすることで手軽に摂取できます。

3.ビタミンB群

豚肉、レバー、大豆、まぐろやカツオなどの魚に多く含まれているビタミンB群は、頭皮の環境を整え、たんぱく質と一緒になることで髪を作り出す役割があります。また、代謝を促す効果もあるので髪が生えやすくなります。髪の主成分になるケラチンというたんぱく質はビタミンB6がないと作られない為、とても大切な栄養素だと言えます。ビタミンB群は水に溶けやすい性質があるので、煮物よりも焼いたりそのまま食べたりする方が多く摂取できます。

4.ミネラル(亜鉛、鉄)

髪を育ててくれるミネラル。昔からわかめやひじきは髪に良いと言われますが、これらにはミネラルが豊富に含まれています。また貝類には亜鉛、ホウレン草やレバーなどには鉄が含まれており健康的な髪を育ててくれる働きがあります。

髪に良い食材は色々ありますが、バランスよく複数の食材と組み合わせて適量を取り入れることが大切です。

 

産後の抜け毛は考えすぎずに、自分にあったケアで気長に行いましょう!

産後の抜け毛はショックな出来事ではありますが、楽しく育児をするためにも考えすぎず、自然に改善されるまで待つことが大切です。パートナーにも相談しながら、できる限り無理をしないようにしたいですね。

今はまた産後の女性の悩みに対応した、産後の抜け毛に特化した育毛剤が世のママさんたちに支持されています。

特にエンジェルリリアンプラスの口コミと効果は悩みが特にひどい2人目産後のママには必需品ともいわれています。

気になる方はぜひご参考に。

コメントを残す