ライザップ監修の顔のたるみに特化した美顔器が凄い!?

%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%86%e3%82%a3

 

あの結果にコミットする!で話題のライザップが監修した美顔器が美魔女養成するというとんでもない能力があるようです。

では、なぜ人間の顔は加齢とともにたるむのでしょう!?

たるみはシワと同様、真皮のコラーゲンやエラスチンの変化によって起こります。

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層からできており、その下に脂肪組織と筋肉があります。若い人の肌は、みずみずしく弾力がありますが、これは皮膚の内部で細胞分裂が盛んに行われ、新陳代謝を繰り返すことで、柔軟性・弾力性のある肌が保たれているからです。しかし、それも20歳を過ぎた頃から、その働きが衰え始め、だんだん柔軟性が失われていきます。

特に、真皮を支える役割を果たす線維成分であるコラーゲンとエラスチンが緩んでしまうのがたるみの主な原因。たんぱく質からできていて、真皮の75%をしめ、真皮を支える役割を果たすコラーゲン繊維を鉄骨と例えるならば、そのコラーゲン繊維のジョイント部分がエラスチンです。どちらも年齢と共に減少し、切れたり、細くなったりするので、真皮を支えられなくなるのです。
簡単にまとめると、コラーゲンが弾力を失ったり、コラーゲンどうしのネットワークが崩れた状態がたるみというのです。

肌のたるみが引き起こす様々な悩み別原因

じつは、たるみとしわの原因は同じなので、対策もほぼ同じなのです。ただし、その人の顔たちなどによって、現れる部分が異なることがあります。
たるみの現れ方には「たるみ毛穴」「涙袋」「二重あご」「ほうれい線」などがあります。ここではそれぞれのたるむ構造を説明していきましょう。

 

肌のたるみの予防と対策

このようなお肌のたるみをできるだけ予防するためには、どうしたらよいのでしょうか?
また、すでにたるみが気になってきた方にも、たるみを改善する方法をご紹介します。

スキンケアでお肌のたるみを予防・改善

加齢によるコラーゲンの減少を補うために、コラーゲンを増やす効果があるレチノール配合の美容液を、おやすみ前のスキンケアにプラス。使い続けることで、翌朝、ピンとハリのある滑らかなお肌へ導きます。レチノールは紫外線に弱いため、夜に使用しましょう。
ビタミンC誘導体L-アスコルビン酸にも、コラーゲンを増やす作用があります。こういった成分が配合された美容液を使うのも、たるみを防ぎ、お肌のハリをキープするには有効です。
紫外線ダメージによるたるみを防ぐには、紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めクリームを塗りましょう。春夏の紫外線が多い季節だけではなく、秋冬も忘れずに。また、屋内にいる時も、窓ガラスを通して紫外線は1年中降り注いでいます。外出しない日も軽く日焼け止めを塗ることを心がけて。
乾燥によるたるみを防ぐには、毎日のお手入れでの保湿は基本中の基本!お肌の角質層のすみずみまで浸透するよう、分子が小さく、保湿成分がたっぷり配合された化粧水で十分な保湿をしましょう。

話題の美顔器エステナードリフティをチェックする!

コメントを残す